中村アンも実践!毎日シャンプーしないで髪の健康を保つ

芸能人の髪も毛はいつもきれいに手入れされていて艶々ですよね〜不規則な生活やストレス、強いライトを浴びているので本来は傷みやすいはずですが・・・やはり髪にもお金をかけて良いシャンプーやヘアトリートメントを使っているのでしょうか?私の髪はヘアカラーやドライアーの熱でかなり傷みが激しく、トリートメントなどでケアしているのですが改善しないのです。

 

そんなことが気になって色々調べてみると、なんと毎日シャンプーをしないことで髪の健康を保つ方法があることを発見!
こんな簡単な方法で髪の健康が保てるのであれば、お金もかからないし節約につながるはず・・・確かに、毎日シャンプーをしていると髪に負担がかかっていることは自分でも実感しているのですが、洗わないと臭いやべたつきが心配で、どうしてもシャンプーしてしまいます。
実は日本人は皮脂の分泌が少ないので毎日シャンプーをするのは多すぎるらしいですよ〜三日に一度がちょうどいい間隔で美容関心のある人はすでにこの方法を取り入れているとか。
でも、一番気になるのがべたつきや臭いですよね?本来人間の健康な脂は無臭らしく頭皮が健康な状態の人はシャンプーをしなくても臭いはないらしいのです・・・毎日洗っている人が突然数日洗わないと最初は臭いやべた付きな気になるのですが、一、二か月でしっとりとしたハリのある髪に生まれ変わるそうなので、期待しちゃいますね。

 

中村アンさんも、この毎日洗わない方法を実践しているとテレビで告白し話題になりましたが、やはり髪がきれいな人はシャンプーをし過ぎないことが大切だって知っていたんですね。
この方法ならすぐにでも始められるので早速今日からやってみようと思います。

医者の言うことは本当に信用できるか!?医者と健康について思うこと

色々な病院に行ったことがありますが、医師によって言うことが違うし見解も違いことが多いな・・・と感じるようになり、医師が言うことが全て正しいとは言い切れないのではないかと思います。
当然医師も自分が得意分野とそうでもない分野があるのですから、患者の症状全ての原因と病名、改善方法などを的確に判断することはできませんし、医師も誰かから学んで今の自分があり信じる物がみんな同じではないと言うことなのかもしれません。
しかし、私たちはどこか具合が悪くなんとかしてほしいと言う気持ちで医師に相談しますよね?それがかなり重い症状や病気のこともあり、医師は唯一私たちをその辛さから救うことができる人だと信じ切っているので、当然彼らが断言することを信じ切ってしまい、まさか間違いや足りない部分があるなんて考えもしないのが普通かもしれません。
もし「手術しか方法がありません」と言われたらどうしますか?何とか方法がないものかすがるでしょうが最終的には受け入れるしかありません。
最近はセカンドオピニオンを考える人が多くなり、もし医師の判断や見解に納得いかない場合や他に方法がないか知りたい人は、違う医師にも診てもらうことで本当に前の病院の医師の言っていることが正しいのか知ることができるのです。
そして意外なことに、いくつかの違う病院で診察してもらうと医師によって考え方が全く違い実は信用できない場合もあると気づきます。

 

友人の話ですが妊娠中に体調を崩し産院に行ったところ、医師は忙しかったようで簡単に診察をして「大丈夫だから家で安静に」とだけ言って帰されたそうで、それも何かがおかしいと思い納得できず他の病院に行ったところ、なんと早産の危険性があるため緊急入院になったそうです。
今まで診てもらっていた医師のことが信頼できなくなり緊急で診てもらった病院に転院することにし、長い入院になりましたが無事に出産し母子ともに元気に退院できました。
このような話を聞くと確かに医師も忙しいときや面倒な時は適当だな〜と感じるときってありますよね?もちろんいつも親身になって診てくれる医師もいますが・・・やはり、人間が人間を診るのですから任せ過ぎずに「何か変だ」「本当にこれで良いのか」という直感が命まで救うこともあるのではないでしょうか?

 

 

医師は当然たくさんの知識や経験があり信頼すべき人ですが、健康を守るのは医師ではなく結局は自分だと言うことなのです。

もし、自分の息子が植毛したいと言い出したら・・・

我が子の髪が薄くなってきたと感じたとき、親は何をしてあげられるでしょうか?
もし、息子がその薄毛のことを悩んでいるとしたら、できるだけ手助けしてあげたいと思うのが親ごころですよね!本当な自然なまま生きてほしいと思うのですが、それが原因で消極的になったり女性に対して臆病になるなど将来にも影響が出るとしたら、困りますよね・・・
男の子は特に誰にも相談できないもので一人思い悩んでいるとしたら、親が何かいい方法を考えてあげたいと思うのではないでしょうか?

 

もし、息子本人が植毛をしたいと相談して来たらどうするか考えてきたのですが・・・きっと、本当に必要な状態ならば応援したいと思います。
植毛にはお金がかかると聞いたことがありますので、金銭面でも援助してあげられればいいのですが、出来れば自分で決めたのであれば自分が働いたお金で植毛するという強い気落ちでやってほしいかな〜植毛をしたからと言って自分が薄毛であると言うことをすべて解決できるわけではなく、一生抱えて抱えていかなくてはならない事です。
それを自分で受け止めて対処する、受け入れることができないと、植毛もその場しのぎに済まないのです。

 

息子が植毛したいと言い出したら応援したい理由はほかにもあり、きっと彼の薄毛は少なからず遺伝的な要素があり親の責任もあると思うからで、もし遺伝によって息子が苦しんでいるならば親として出来るだけのことはしてあげたいし味方でいたいと思いますよね・・・
実際にそのような状況になったわけではありませんが、この先ありえないことではないので心構えしておいた方が、息子もいい出しやすいかもしれません。
知り合いの息子さんが若いころから薄毛に悩んでいて、成人したころにはかなりハゲてしまったんです・・・若ハゲが本当に気の毒で、こうなる前に何とか手が打てなかったのかとかわいそうになってしまいます。
それが原因で定職にもつかず人目を避けて生活をしているそうで、親も本当に心配が尽きないと言います。
友人や彼女もできずこのまま一人で生きていくのかと思うと親として何かしてあげたいはず・・・最近の植毛はとても技術が進歩しているので近くで見てもばれないらしいですよ!
お金はかかりますが将来のことを考えたら、植毛するのが一番いい方法ではないかとアドバイスをしたのですが、我が子が植毛することにかなり抵抗があるらしく「偽物の息子みたいでいやだ・・」と言うのです。
人それぞれ考え方が違うので何が正しいのかは分かりませんが、女性だってまつ毛エクステやウィッグなどでファッションを楽しみますよね?それと同じように身だしなみとして植毛をすると考えれば、それほど抵抗があることではないと思います。

わざわざ金を出して薄毛治療する必要ってあるのだろうか・・・

薄毛は個性である。
と、いっそのこと開き直って、薄毛である自分の姿を
受け入れてみるのも悪くないと思うのですがね。

 

お金を積んでまで薄毛治療をする必要とは?
薄毛にコンプレックスを感じている世の男性の中には
薄毛を隠そう隠そうとする傾向があります。
高橋克己さんも昔はそうでしたね。
9:1分けして薄毛部分を他の髪の毛を寄せ集めて
覆い隠すといったヘアースタイルです。
あのヘアースタイルは、“いかにも”ハゲ隠し!といった感じでした。
わざわざお金を出して薄毛治療をすれば、薄毛隠しをする必要はないですね。
コンプレックスを解消することができるのは、大きなメリットでしょう。
ただ、高橋克己さんの場合は坊主にすることで自ら
薄毛コンプレックスを解消させましたが。

 

わざわざお金を出して薄毛治療をすれば、温泉だってプールだって雨だって怖くない!
薄毛の人が一番困る状況。
それは、頭に水がかかるといった状況の時です。
薄毛である頭に水がかかるとどうでしょう。。。
頭皮がバッチリ浮き彫りになってしまいます。
あの寂しー姿ったらないですよね。
お金を出して薄毛治療をすれば、突然降り出した雨も怖くなくなるでしょう。
温泉だってプールだって頭を気にすることなく、思いっきり満喫することができます。

 

わざわざお金を出して薄毛治療をするのは、自分に自信を付けたいから。
または、自信を取り戻したい。
コンプレックスを解消したいという気持ちからですかね。
薄毛の人は初対面の人にもうつむき加減です。
さらには、薄毛である故、女性にも積極的になれないなど
人にどう見られているのか、常に気になってしまいます。
薄毛を解消させることで、自分に自信がモテたり、好きな女性に積極的になれたり
人の目が気にならなくなる。
自分の事が好きになれるのなら、それもいいかもしれません。

 

なるべくお金をかけたくないのであれば、クリニックにすぐに通うのではなく
AGA育毛剤を使用してできるところから始めてください。

 

ただ、薄毛治療をしたからってモテるわけでもないですよ。
性格もあるし、ファッションセンスも大事だし、薄毛以外の見た目も大事ですからね。
お金を出して薄毛治療をするまでってコンプレックスの塊で
フサフサヘアーの男性やモテ男に対して妬んでいて
性格まで悪くなってたりしませんか?
魅力的な男性は、内面からの輝きがあるんです。
男性だけじゃなく、女性もですが、人は人を妬んで生きていると
ドンドン性格も悪くなるし、負のオーラを出しまくり。
人を惹きつけないし、魅力も出てきません。

 

お金を出して薄毛治療をすれば、万事オッケーという訳ではないということを認識して
本当の意味で魅力のある男になれるようにしたいものですね。